2005年09月25日

猿騒動

こんにちはーにゃにゃですー。

いつまで誕生日よっ!!

ってぐらい、更新していない私…あぁ、すみません。

毎日何だかんだと忙しく、冠婚葬祭もあり
家に帰るとバタンキューなのですが
とりあえず、途切れ途切れにDVDを観ています。

いやぁ、本当に面白い。
どうでしょうに出会えて本当によかった。
あぁ、幸せー。

で、特典映像の「猿騒動」で思い出したことが…猿騒動の中で、大泉君は嬉野さんを閉め出しましたよね(笑)

みんなが猿が恐くて建物に走り寄って
入っていくと、まだ画面は入り口を撮っている…
ということは、嬉野さんがカメラを持って
入り口に向かっているという事。
なのに、目の前で無常にも入り口は
「ガッチャン」と閉められる(笑)

慌てて中からミスターが外から嬉野さんがドアを開ける。
そう、ドアを閉めたのは大泉君(笑)

「あいつ…閉めたぞ…」
「自分だけ助かったらいいんだ」
三人がそうつぶやく(笑)

あぁ、こういう場面。私も経験が…

あれは、北海道に住んでいた頃。

私達が住んでいたのは、札幌から車で40分くらいの町。
カントリーサインで、大泉君たちが通りすがった所。

そこに観光牧場があって、働いていました。
オットも私も一緒に働いていたのですが
私の方がいつも早くあがって
オットを後で迎えに行くパターンでした。

その日も、晩御飯の準備を終えてお迎えに。
秋の北海道の夕方は日が暮れるのが本当に早くて
辺りは真っ暗に。

いつもの場所で待っている間、FMを聞いていると
「クマ出没」のニュース。
「へぇ…」と聞き流していた所にオットが。
私は車を降りて、オットのほうに少し歩く。

ここで場所確認。

私とオットは運転席側にいます。

「お疲れーねーねー○○町でクマ出たんだってー」
「へぇ、近いなぁ」
「そうだねー」

と、その時!!

「ガサガサガサガサガサッッッ!!!!!!!!」


びくぅっ!!

私「な、な、な、なにっ?」
オット「わからん!!なんや!クマか!!」
私「えぇっ!!」
オット「とにかく、車に乗り込め!!!」
私「う、うんっ!!」

と私が返事をするかしないかの瞬間に

バタンッッッ!!

「バタン?」

と振り返ると…

オットはチョッコーンと運転席に座っているがく〜(落胆した顔)

はぁ?自分だけ?まずは車に?

ここで思い出して欲しい。

私とオットは一緒に運転席側にいたのである。
車は2ドア。
そこにオットは私を置き去りにして
クマがすぐそばにいるかもしれない
その現場に、私を置いて自分だけ車にチョッコーンと乗ったのである。

そして、窓をほんの少し開けて私に言った。

「にゃにゃ!何してるんや!早く車に乗れ!」

どっかーーーーーんっ!!!!(怒)

「自分だけ、乗ったらいいんや!私はクマに襲われてもいいんや!!」
「何言うてるんや!早く乗れって!」
「自分だけ乗っていたらいいやんっ!私は襲われるわ!!!」
「あほな事言わんと、頼むから車に乗れって!」

大喧嘩しました。

そして、私は悟りました。

彼は私を置いて逃げる。
自分だけ助かったらいいんだ。

そういう奴だと。

いやぁ、こういう場面で人間性とは出るものです。

だから、私はオットを信用していません。
自分の身は自分で守るのです。

あ、ちなみにその物音は牧場の犬が走ってきた音でした。
posted by にゃにゃ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。